読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

//あとで書く

です・ます調が記事によって違ったりするブログ

onionアドレスの生成に関して

TorのHiddenServiceの識別子として用いられるonionドメインのアドレス(以下,onionアドレス)ですが,どのように生成されるのか気になったので調べました.

仕組み

知りたかったことは以下の記事にほとんど載っていました.

上記の記事によると,

  1. RSA(1024bit)の公開鍵と秘密鍵のキーペアを作成する.
  2. 公開鍵をDERエンコードする.
  3. DERエンコードされた公開鍵からSHA1ハッシュ(160bit)を生成する.
  4. 生成したハッシュ値の前半半分(80bit)を取り出し,Base32エンコードする.

という手順で生成しているようです.Base32は40bitを8文字に変換するエンコード方式で,80bitのハッシュ値から16文字の文字列にエンコードされ,これがonionアドレスとなるようです.一般的な手順でHiddenServiceの設定を行った場合,Tor側が自動でonionアドレスと秘密鍵を生成してくれます.ちなみにこれらはtorrcのHiddenServiceDir項目で指定したパスの配下にhostname,private_keyという名前で生成されます.

任意の文字列をonionアドレスにしたい

例えば,facebookcorewwwi.onion(FacebookのHiddenService)のように任意の文字列をonionアドレスに指定するための方法ですが,指定したパターンが出現するまでキーペアを生成し続ける(ブルートフォース)作業を行うことによって実現できます.そのようなツールは既にいくつも存在して,Shallotやscallionが有名なようです.

github.com github.com

試しにShallotでアドレスを生成してみたところ,1-5文字程度であればある程度高速にonionアドレスを算出できました.ちなみに,facebookcorewwwi.onionは8文字ですから一般的なマシンでのブルートフォースではまず不可能でしょう.

おわりに

TorのHiddenService,RelayNode,ExitNodeの設定方法をブログに書いていなかったのでそのうち書きます.とはいえ,HiddenService,RelayNodeに関しては以下のページに基本的な設定方法がある程度説明されているので,自分のメモ用程度にしか需要はないと思いますが.

Hidden Service - Hideki Saito Wiki Japanese
Linuxに安全にtorリレーをインストールする方法 - Qiita
Ubuntu14/CentOS6xにtor入れてrelayサーバーにする - Qiita