//あとで書く

です・ます調が記事によって違ったりするブログ

DECAFの環境構築

DECAFの環境を構築したので,再度構築する時のための自分用メモ.
github.com

環境

  • ホストOS Ubuntu16.10(LTS) 64bit
  • ゲストOS① Ubuntu14.04(LTS) 64bit
  • ゲストOS② Windows XP 32bit

ホストOSの上でゲストOS①を動作させ(Virtualbox),その上でゲストOS②を動作させる(DECAF(QEMU)). ホストOS上で直接DECAFを動作させなかったのは、Ubuntu16.10上でのビルドが上手く行かなかったためで,現在原因調査中.

パッケージのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install qemu binutils-dev libboost-all-dev
$ sudo apt-get build-dep qemu
$ sudo apt-get -y install build-essential linux-headers-$(uname -r)
$ sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev libncurses5-dev
$ sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev libexpat1-dev libreadline-gplv2-dev
$ sudo apt-get install uuid-dev libfuse-dev bzip2 libbz2-dev git
$ sudo apt-get -y install automake1.9 autoconf libtool
$ git clone https://github.com/sycurelab/DECAF
$ cd DECAF/decaf
$ ./configure
$ ./make
$ cd ..

イメージの作成

  • WindowsXP(modernIE)のVMware用イメージをダウンロードした.
  • VMWare用イメージ(vmdk)をqcow2イメージに変換したものでDECAFを起動しようとしたところ,No bootable deviceと出てしまい,ブートできなかった.原因調査中.
  • qcow2イメージではなく,rawイメージに変換したものを使用したところ,問題なく起動できた.

$ unzip IE8.XP.For.Windows.VMware.zip
$ qemu-img convert -f vmdk -O raw IE8_-_WinXP-disk1.vmdk winxp.img
$ ./decaf/i386-softmmu/qemu-system-i386 -monitor stdio -drive file=./winxp.raw

参考

poppycompass.hatenablog.jp tsunpoko.hatenablog.com

さいごに

今後は以下を参考にプラグイン開発をやっていく予定.

記念撮影

f:id:epcnt19:20170501140856p:plain